グランビルの法則を使った王道パターンで勝つ!!

今回はテクニカル編の書籍。

「株は技術だ!」の紹介です。

 

この本を読んでわかるようになる事

・暴落や下落でも利益をとれるようになる
・高値掴みが減る
・チャートはお椀の形をしながら動く
・高度なトレードが出来るようになる
・チャートの予測力がつく

 

hrs
hrs

今回の本はなかなかのスパルタな本です…
けど、不確定要素の多い株式投資で楽に利益を得られるほど、甘く無いのも確かです!

では、解説いってみましょう!

暴落や下落でも 利益を取れるようになる

 

著者が言うには、プロのトレーダーは「逆張り」がメインであるとおっしゃってます。
ただし、一概に逆張りと言っても
ただ、下落してる所から買いを入れていくのではなく
空売りから始まる逆張りです。
順張りと逆張りのイメージはこんな感じで
エントリーのタイミングが違います。
画像

 

高値掴みが減る

このトレード手法を活用すると高値掴みは無くなると思います。
長期移動平均線を使った空売りからエントリーするので
高値圏で推移してる銘柄を探すはずですから。

チャートはお椀の形をしながら動く

お椀の形を形成しながら、上昇と下落を繰り返す。
ただし、出来高が多いものに限りその様な形になります。
そのイメージを持てば、エントリータイミングが図りやすくはなります。

高度なトレードが出来るようになる

高度なトレードというよりは建玉の操作が上手になると言ったイメージです。
株価の動きをしっかりと捉えながら、空売りの玉を増やしたり減らしたり
現物の買いを増やしたり、減らしたりとその時の状況によって対応する力が身につくはずでしょう。

チャートの予測力がつく

ここが、最大のスパルタなんですが
「ただ、ひたすらにチャートを見ろ!!!」
と言った内容です。
ただ、チャートを見るだけではダメなので
ここからどう動くかを予測しながらチャートを追いかけて
予測能力を身につける事が大事です。

まとめ

移動平均線とチャートの動きを解説されてますが
グランビルの法則がよく当てはまります。
僕自身は去年の末からのマザーズの大暴落でかなりの利益をあげることができました。
銘柄を言うなら「メルカリ」でかなりの値幅を取れました。
考え方ひとつでここまで、利益を取ることができましたので
1度、読んでみることをおススメします。

この記事を読んだ感想をお聞かせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました