出来高と価格の関係性を知ろう!!【出来高による価格分析】

hrs
hrs

今回は大口や機関投資家が

どうしても隠すことのできない出来高についての書籍紹介です!!

結論

・出来高は隠せない!
・大口の動きを見逃さなくなる
・チャートと出来高の関係性に気付くことが出来る

これを読んで出来高というモノの捉え方が変りました。

何度も読んでインプットすることで、トレード技術は格段に上がります。

僕自身、何度も読み返している唯一の投資本です。

 

出来高は隠せない

大口のトレーダーや機関投資家といった相場をコントロールすることができる投資家たちが

何をしているか?

買い集めるところから、売り抜けるまでの流れ

どのタイミングで価格を吊り上げにくるか?

どのタイミングで価格を吊り下げるか?

その時に何をしているかを出来高によって分析することができます。

大口の動きを見逃さなくなる

先ほど言ったように価格を吊り上げたり、吊り下げるタイミングで

必ず試しにかかるタイミングがあります。

いきなり吊り上げても、それ以上に売りたい人が多ければ売り圧力を吸収することができません。

何度も売り圧力を確認、試しながら相場をコントロールする。

その時に、出来高とチャートに現れる。それを見逃さずに認識することができます。

チャートと出来高の関係性に気付くことが出来る

例えばではありますが、出来高が多いのにローソク足の実体が小さい。

出来高が少ないのに実体が大きいなどと、過去のチャートと比べると辻褄が合わない所が出てきます。

その時には必ず警鐘を鳴らすようにと書かれております。

ここ最近のチャートで見るならば6619のダブルスコープ

明らかに何かが変わりそうな気がしませんか??

これは売り圧力が増えてきたという、警鐘を鳴らすべきタイミングですよね?

こういった、ちゃんと見てなければ分かりづらいことに気付けるようになります。

まとめ

正直なところ、何度も読み返さないと分かりにくく理解しづらいところがあります。

以前にTwitterでも有名トレーダーの【ウルフ村田】さんが飛行機に乗る際に勉強するというツイートをされた際にこの本が載せてありました。それ以外にも何度かこの本が紹介されてました。

探したのですがツイートがかなり前だったので見つかりませんでした・・・

出来高というのは必ず表示されるインジケーターです。

それらを利用して大口トレーダーの流れに乗る!!

何度も何度も読み返す事で必ず身につく本です。ぜひ一度読んでみてください!!

他にも何度も読むべき本としてコチラも紹介してます。

この記事を読んだ感想をお聞かせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました