日本人が投資をするべき理由5選

 

hrs
hrs

今回は日本人の投資をしている人口が少なすぎることについて話します!
今後の日本のことも踏まえて説明していきます!!

まずは結論から!!

どうなるかは分かりませんが、今後の日本の状況を考えると
投資はするべき!!
この一択しかないと思います!!

・先進国の中で 投資をしない人が唯一少ない

(引用元:野村証券

こちらは見てもらうとわかるように、先進国であるアメリカと比較したものです。
調べたところ日本は資産の貯蓄割合が先進国の中でトップです。
この記事を偶然見つけてくれた、あなたもそうかもしれません。
この貯金の何が良くないかというと、今の日本の大手銀行の金利は年間0,001%です。
窓口を持たないネット銀行ですら年間0,02%~0,2%と低水準です。
100万円を預けて1年たっても20円~200円です。
定期預金を組んだとしても年数によって変りますが、0,35%あたりとこれもまた低水準です。
昔や、バブル時代は銀行に預けるだけで年間約5%程の金利があり、ノーリスクで資産が増えていったのですが
今や銀行の金利は説明した通りです・・・

その背景は日本の金利の低下

バブルが崩壊してからは金利はどんどんと低下。日本経済の衰退が始まったのです。

更に、日本銀行の「マイナス金利」

日本銀行は市中銀行、民間銀行からお金を預かり、金利を乗せて市中銀行、民間銀行にお金を返してました。
しかし、「マイナス金利」になると日本銀行にお金を預けても預けた側が更に金利を払わないといけないのです。
日本銀行から言わせると「うちに投資をするくらいなら他の所に投資してね」ってことなんです。
そのため、今や銀行に金を預けても何も変わらない時代になってきたんです。

なので銀行に預けるなら証券口座を開き、投資をするべきなんです。
インデックスファンドなら10年から30年の長期投資。
この年数で平均5%の運用利益があると言われてます。
銀行に預けることを考えると雲泥の差ですよね。

・貯金は日本円一択投資

資産が貯金のみということは、日本円に1点張りをしているのと一緒の事になります。
ここ最近では落ち着いてきましたが円安が進み、今後も世界では円安基調で進むんじゃないのかなー?とは個人的に思ってます。
そうなった場合、先進国の中で経済が停滞してる日本では益々と資産価値が減っていくかもしれません。

・老後2000万問題

正直なところそこまで気をかける内容ではないのですが、この問題は解消されつつある傾向がある様です。
けど、これから先また2000万円問題以上の事が起こるかもしれないというのも考えられますので、「備えあれば憂いなし」と言ったところです。

・投資に有利な税制を政府が導入したということは?

政府が2001年からiDeCoの導入を始め、その後NISA、積み立てNISAも導入。
すごく言い方は悪いのですが
「老後は面倒見ません!」「自分でやってください!」
と政府や国が言ってるようなものです。
これに気付いてない方はなかなか多いのでは無いかと思ってます。

・これから人口は減っていってるので税金は上がる

2060には8600万人にまで減ると政府が発表しております。
人口が減ると必然的に経済も衰退していきますよね。モノを作ったりする人手が少ないので生産力が下がるという事です。

なぜ、税金が上がる?

自国通貨建なので、国民を守るための国債を発行しても問題は無いと思うのですが、これまた論争されてるとこですよね。
じゃぁ、どこから国は徴収するかというと
手軽に回収出来る
「税金」なんです。
何か革命的な出来事が起こらないと、これは変わらないと思ってます。

自国通貨建てとは??
簡単に言えば日本では「円を発行できる能力がある」ということです。
アメリカでは「ドル」を発行できるように自分たちの国で自分たちの通貨を発行できる。

 

 

まとめ

老後など少しでも豊かな暮らし、自由を得るためには証券会社の口座開設は必須です!
口座を開く事は無料で出来ます!
少し記入欄が多く面倒な事はありますが、開いておくだけでもいざって時に役に立ちます!
どこでも良いので、口座開設を推奨します!!

買付や、何を買えばいいかはコチラをチェック!!

 

おススメはLINE証券

口座開設(無料)はこちら

この記事を読んだ感想をお聞かせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました