決算短信の見方。特に貸借対照表と損益計算書の見方お教えします!!

はい、今回は株式投資をやってれば必ず通る道なんですけど
いざ勉強しようとしても、意味のわからない文字ばっかりで
うんざりして
「はい!寝ま~す!!」状態になりがちな
貸借対照表と損益計算書の見方について解説します!!

こういった方たちにおススメです
・企業が発表する決算短信書をあまり見ない
・見るけども、そこまでしかっりと見ない
・そもそも貸借対照表ってなに??
・損益計算書ってのもなに??

当てはまる方は是非とも一緒に勉強していきましょう!!

もう、この文字を見るだけでも

「えーと、それって美味いの??」状態になっていた僕が調べて勉強してきました!!

「解説します!!」
なんて大きい声を上げましたが、それぞれの単語がどういった意味合いを持っているのか?
そこを皆さんに知ってもらい、更にアウトプットすることで僕自身も勉強していこうと思ってます。
長くなりますが、お付き合いください!!

企業が投資家に向けて出してくれる「決算短信」
さらにページを進めると・・・


やってまいりました。
貸借対照表の資産の部!!
中に書かれてるものを書き出すと

流動資産、受取手形及び売掛金、貸倒引当金、固定資産、有形固定資産、のれん、などなど
かなり省きましたが、これぐらいの項目があります。

・流動資産・・・決算の翌日から1年以内に現金化できる資産の事
・固定資産・・・流動資産の対義語。1年以上保有する資産。代表例で言えば土地などが分類されます
・繰延資産・・・出費するお金なんですけど、将来に利益を生み出すとして資産の部に分類されてます。会社を創るときのお金や、社債を発行るときの費用。
・売掛金・・・モノやサービスは渡したけど未回収のお金。けど請求書の発行日時に受け取った扱いになり、決算をまたいで回収しても、前期の売上金に計上されます。
・貸倒引当金・・・回収できなかったときのことを考えた、いわゆる準備金。
・資産除去債務・・・施設や建物に対しての開発費など、今後請求されそうなお金に対しての見積もりができるお金。
・のれん・・・企業を買収した際に出る、買収した会社の純資産とと買収額の差額のこと。逆になると「負ののれん」になります。
ざっと、僕自身がみて理解していなかった事がこんだけありました。

これを見れるようになると、これから投資しようとしてる会社のお金の動きがわかるようになります。
例えば、売上高は上がっているのに経常利益は下がってる。
じゃぁ、どこにお金が流れたのだろうか??
などがわかるようになり、企業からすればライバル社には知られたくないような事がびっしりと書いてあります。

せっかく企業が出してくれている情報をしっかり掴んで、投資対象に入れるべきか入れないべきかを見極めていきましょう!!
では、これからも皆さんのためになるようなことを書いていきます!!

他にもファンダメンタル分析をされてる書籍の紹介もしております

この記事を読んだ感想をお聞かせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました