資産家になるための入門編と言えばこの本!!!

hrs
hrs

今回はお金に関する考え方、資産家になるための思考法を教えてくれる
入門編ともいえる、代表的な1冊の紹介です!

この本で分かることや、勉強になること

・お金持ちになるために沢山稼ぐ必要がない?
・持ち家が資産だという間違いを正せる
・資産と負債の違いを知れる
・学校でのお金の教育をアテにしなくなる
・何と言ってもお金の教育を子供や子孫に伝えることができる

以上の事を深く掘り下げながら解説していきますので、少しお付き合いください!!

お金持ちになるために沢山稼ぐ必要がない?

こちらの著者ロバート・キヨサキさんですが

不動産関係の投資を行い、資産家になったと書かれております。

不動産に投資なんて莫大な資金が必要!!って思ってません??

なんていう僕自身もそう思ってましたし、お金さえあればなんて思ってました。

地道な努力や行動、事前調査を行うことによって、資本金0の状態でも不動産投資が可能になります。

僕の個人的な知人にこの話をすると、同じように行動を起こして不動産に投資を行い

若くして不労所得を手にしています。

お金を手に入れるための基本知識が少なすぎることを著者は指摘してます。

持ち家が資産だという間違いを正せる

多くの方がローンを組んで家を買う。

これもこの後に説明するのですが、資産家やお金持ちになりたければ

賃貸一択です!!

持ち家の方すべてを批判している様に聞こえてしまいますが

持ち家を資産として勘違いし、それがステータスだと思っている日本人の金融リテラシーの低さが露骨に出ているのではないだろうかとも思ってます。

資産と負債の違いを知れる

資産とはお金を生み出してくれるもの。

負債とはお金を食べていくもの。

では、持ち家の場合はどちらに分類されると思いますか?

言うまでもなく、持ち家にしたからと言って家はお金を生み出すどころか

しっかりお金を食べていきます。

この資産と負債の関係を貸借対照表上で分かりやすく教えてくれます。

貸借対照表の中で考えると、ローンを組んで家を買ってしまうと

債務超過になり、貸借対照表の関係が壊れてしまい成り立たなくなってしまいます。

貸借対照表とは何ぞや??と思われた方は

以前に書いた

これで、全てを把握出来る!!就活にも役に立つ?!

という記事を書きました。

この中には貸借対照表や損益計算書を分かりやすく、面白く解説しています。

学校でのお金の教育をアテにしなくなる

2023年の春からは高校で資産形成という項目で授業が行われると聞きました。

資産形成という括りでどこまで、教えるかは分かりませんが

日本は投資人口が特に少ない国です。

投資をやってる人が授業を行うならまだしも、教える側の全員がやってるとは思えません。

なので、間違った情報に気づき是正できるのは勉強している方や、経験や失敗を重ねてきた方が多くを教えることができると思ってます。

何と言ってもお金の教育を子供にすることができる

今までの事を思い出して貰えると分かりやすいのですが、お金の事って誰に教えてもらいましたか??

学校で教えてもらえないですよね?

誰かというと、ご自身のご両親なんですよ!そういってる僕自身もそうなので、あなた方のご両親を悪く言うつもりなんて一切ありません。

この著者が言うように、いち早く『ラットレース』から抜け出すべきなんです。

以前にYou Tube動画で見たのですが

「あなたが貧乏に生まれたのは百歩譲って仕方がない。けど、あなたの子供が貧乏になるのは確実にあなたのせいです!」と、実業家の方が言ってました。

特に好きな方でもなく、ただただ流れてきただけなのに、すんげぇグサッと刺さりまして・・・

僕自身も子供がいるので、そのためにもしっかりと勉強していこうと思ってます。

少しでも共感してくださる方がいれば、このサイトからの購入をお願いします!!

この記事を読んだ感想をお聞かせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました